学校方針

基 本 方 針

学 校 経 営 方 針
 グローバル化が進み、急速な情報化と先端技術の高度化がなされるとともに、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大など、複雑で予測困難な時代の中で、子どもたちが自分の良さや可能性を認識し、多様な人々と協働しながら、様々な社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓いていく力の育成が、学校教育に求められている。新学習指導要領では、「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の知・徳・体をバランスよく育てることを重視し、子どもたちの「生きる力」の具体化に向けての方向付けが明らかにされた。「資質・能力」の育成が強調され、「主体的・対話的で深い学び」が提唱され、カリキュラム・マネジメントにより教育課程の在り方を見直し、社会に開かれた教育課程の実現を通じ
て、自立・協働・創造をキーワードに、未来型教育を志向しようとしている。
 子どもたちには、いつの時代にあっても、夢と希望をもち、明確な目標(志)を抱いて、変化の激しい社会をたくましく生き抜く力を身につけさせなければならない。そこで、本町の教育基本目標である「自立・協働・創造 ~ふるさとに誇りがもてる人づくり・地域づくり~」の具現化に向け、地域や児童の特性を生かしながら学校・家庭・地域が一体となって子どもたちにかかわることにより、健全な自己肯定感をもち、たくましく生き抜く力を身につけ、地域を愛し誇りに思う、心豊かな子どもを育てていきたいと考える。このような考えから、学校教育目標を、次のように設定した。
ふるさとを愛し、ふるさとに学び、心豊かで夢の実現をめざす児童の育成
    ~確かな学力・豊かな心・健やかな体の育成を目指して~
 本校児童は、心温かい地域の中で多くの方々に見守られ、明るく素直で伸びやかに成長している。特に、学校運営協議会委員・学校支援ボランテイアの方々による大きな協力や支援をいただいており、これらのことからも、将来を担う子どもたちへ寄せる地域住民の期待感の大きさが実感できる。この期待に応えるためにも、私たち教職員は、職責の重さを自覚し、教師としての専門性を高めるとともに、豊かな人間性を備え、「温かい愛情、信頼、挑戦」というキーワードを具現化できる教師として、子どもたちの教育にあたらなければならない。
 また、チャレンジ目標を「あいさつ」・「読書」と「児童たちが自ら考えた項目」とし、日々の指導をしっかりと見直しながら、継続・徹底して目標達成に取り組んでいきたいと考えている。
 教職員一人ひとりが日々の挑戦を忘れず、学校経営のスローガンである「子どもたちの大好きが溢れる学校~勉強・友だち・先生・自分が大好き~」をめざし、協働して日々の教育活動に全力であたっていきたい。
(3) 努力点 【1は、特に重点的に取り組む内容】
1 学ぶ喜びを実感させ、確かな学力を身に付ける授業の創造
◎学習指導要領に対応した「めざす授業像の共有」及び指導法の研究・授業実践
・育成すべき資質・能力の実現に向けた学習方法と指導法の工夫
・課題を見つけ、解決しようとする「主体的・対話的で深い学び」の授業づくり
・ICTの積極的な活用  ・ユニット型研修を取り入れた授業研究
◎望ましい家庭学習の習慣化(系統立てた自主学習及び自主学習ノートの活用)
○個人カルテによる個別学力の分析・評価と指導の改善(PDCAサイクルに基づい
た評価と改善)
○発達段階に応じた学習規律(城山小学習6つの約束)の徹底(保小・小小・小中と
の連携)
1 コミュニティ・スクールを核としたネットワークの構築
◎地域貢献活動の推進(サロン訪問等)による地域貢献意識や自己肯定感の育成
○統合中学校区合同CSとの連携      ○PTA活動の工夫・改善
1 「安心して子どもを任せることができる」と思える学校づくりの推進
◎全校体制での対応(いじめや不登校に対する未然防止・早期発見・早期対応、教育相談活動の充実)
○積極的に情報を発信(学校・学級・保健だより、学校メール、ホームページの更新)
○実践的防災能力を培う防災教育の充実 
○発達段階に応じた情報モラル教室の開催
1 「心の教育」の充実に向けた取組の推進
◎豊かな心を育てる読書活動(読書貯金・朝の読書・親子読書・選書会・ブックプレゼント・ブックトーク)
○道徳教育の要としての「特別の教科道徳」の充実(指導と評価)
1 全校体制で推進する特別支援教育の充実
◎特別支援教育の視点を取り入れた授業改善(「わかる」「できる」が実感できる授業)
○校内教育支援委員会や校内研修の充実(交流学習の充実、合理的配慮の実効化、専門機関との連携)
1 きれいな教育環境づくりの推進
◎無言清掃  ○整理整頓  ○花いっぱい活動  ○掲示物の工夫
1 健やかな心と体をつくる取組の推進
○体力テストの活用と一校一取組の充実(業間体育の継続実施) ○外遊びの奨励
◎望ましい生活習慣の確立(家庭と連携したメディアコントロール能力の育成)
○学校保健委員会を主体とした児童一人ひとりの心と体に寄り添う健康教育の推進 
1 社会性を育み、生きる力を培うためのキャリア教育の推進 
○起業体験活動の推進(地域と連携した城山フェスティバルの開催・キャリアパスポートの活用)